Blog

和光通信株式会社様|建築業の許可票

建築業の許可票
建築屋さんの事務所でよく見かける「建築業の許可票」。いわゆる「金看板」と言われるものですが、本物の金属に凹凸をつけて凹んだ部分に塗料を充填させる銘板(めんばん)というものが主流です。今回は、アクリル素材の“二層板(にそうばん)”と呼ばれるレーザー加工用の金属風の板で制作しました。
 
1.5mmの板厚の二層板は、一見すると本物の金属と見間違うほどリアルな材質で、レーザーで彫刻を施すと、銘板と遜色のない重厚な看板が出来上がります。銘板よりも圧倒的に軽く、薄く、加工時間も早いです。今回使用したフレーム(額縁)は世界最大手の額縁メーカー「ラーソン・ジュール」のものを採用。少しお値段は張りますが、このフレームを取り付けるだけで見た目の高級感、美しさを各段にあげてくれます。5年に一度更新をしなければいけない箇所はカッティングシートを貼付し、貼り換えが出来る仕様に。
“ヘアライン”という線状の表面加工をした板面とエイジング風なフレームを採用したことで、落ち着いた雰囲気の金看板に仕上がりました。
 
建築業の許可票 仕様書
二層板 アクリル
二層板 製作中 レーザー彫刻
建築業の許可票 カッティング貼り
建築業の許可票 組立前
建築業の許可票 完成
建築業の許可票
建築業の許可票
建築業の許可票
建築業の許可票 フレーム
建築業の許可票 ディスプレイ
 
和光通信株式会社様、ありがとうございました!


blockhead idea works
ブロックヘッドアイデアワークス
〒501-6011 岐阜県羽島郡岐南町八剣北6-8
HP:https://blockhead-idea.com
tel:058-214-3183
メールでのお問い合わせはこちらから