Blog

株式会社ケイズ様|カーラッピング

株式会社ケイズ様より、ハイエースへのカーラッピングを承りました。
事故で取り替えになったボンネットからバンパーへかけて、事故前と同じように2本のラインを入れるラッピングです。
凸凹の面へのシート貼りは経験を積んだ職人でないとうまく貼れない難しい施工です。
今回はラッピングも得意とするICFの名和くんに協力してもらいました。
 
01
02バランスを取るために中央にラインを入れ、このラインを基準に位置を決めていきます。
 
03
04曲面はヒートガンを当てて伸ばしながら貼り合わせていきます。
 
06
07
08
09バンパーは無理して一枚で貼らず、数枚を分割して貼っていきます。
これは、長期的な仕上がりを考えて、シートの割れを防ぐためです。
アウトラインはナイフレステープというラッピング専用のテープ状のカッターを使って切っていきます。
部位によって、機械でカットした材料とナイフレステープを使い分けて施工をします。
 
10貼り終わった後に、圧着をさせるために軽くヒートガンを当てます。
これをするとしないとで、シートの剥がれやすさが変わります。
 
11
12
13
14エンブレムの隙間から見える部分は、カッターを入れてカットしますが、ここにも職人技が。
車へ刃を入れてしまうと傷がついてしまうため、シートに軽く切れ目を入れて割いていく「ハーフカット」という手法を使います。
一見するとボディーに刃を入れているように見えますが、車には一切傷はついていません。
 
カーラッピングは立体の面にキレイに貼るために、あらゆる職人技を駆使して施工をします。
また、長くご愛用頂くためにも、貼りわけも大事になってきます。
 
 
そうして仕上がったのがこちら。
 
 
 
 
15
16
18
19
 
 
ラインもしっかり合って、塗装かと思うほど、素晴らしい仕上がりになりました。
株式会社ケイズ様、力を貸してくれたICFの名和くん、ありがとうございました!!
 
 


blockhead idea works
ブロックヘッドアイデアワークス
〒501-6011 岐阜県羽島郡岐南町八剣北6-8
HP:https://blockhead-idea.com
tel:058-214-3183
メールでのお問い合わせはこちらから