Blog

大井神社様|名刺製作

愛知県の大井神社の宮司さまより、名刺制作のご依頼をいただきました。
エンボス加工を取り入れた名刺で、というご要望でした。
 
エンボス加工とは、デザインの一部に圧をかけて、その部分の紙を盛り上げる加工方法のことです。
 
用紙はヌーボ紙の薄手の種類を選定しました。つるつるではなくふんわりとした手触りで、あたたかみのある真っ白な用紙です。
女性の宮司さまということもあり優しく品のある仕上がりになるよう意識しました。
黒色に見える文字の色は、黒100%ではなく90%くらいの濃度の黒色です。限りなく黒に近いグレー、という感じでしょうか。
ちょっとしたこだわりですが、真っ黒の文字ほどパキっとしず、優しい印象に仕上がります。
 

 
エンボス加工で浮き上がらた社紋です。デザインや文字レイアウト自体はとてもシンプルにすることで、エンボス加工が一層際立ちます。
 

 
一見シンプルに見える名刺ですが、用紙の種類、黒色文字のインクの濃度、さりげないエンボス加工など
細かなこだわりが詰まっています。
神社の厳かな雰囲気にもマッチしてとても素敵な仕上がりになり、お客様にも大変気に入っていただけました。
大井神社様、ありがとうございました!


blockhead idea works
ブロックヘッドアイデアワークス
〒501-6011 岐阜県羽島郡岐南町八剣北6-8
HP:https://blockhead-idea.com
tel:058-214-3183
メールでのお問い合わせはこちらから